株式会社石金精機

測定器具製作より始まった当社は、精密部品加工のパイオニアとして富山から世界へ羽ばたく、独自の部品加工技術を持つ企業です!

石金精機は、1951年、富山市石金にて創業し、不二越鋼材工業(現・不二越)のマイクロメータの基準ゲージ等、測定器具専門工場として発足しました。超精密加工のパイオニアとして、航空産業をはじめ工作機械や自動車、半導体など様々な分野で、「石金精機でしかできない」独自の高い加工技術力を発揮するプロ集団です。
理系、文系の出身を問わず、「モノづくり」への熱い思いを持つ社員が多く、高い意識と向上心を胸に日々自己研鑽を重ねることで、全くの未経験から入社した社員でも、一人前のエンジニアへと育っていける風土があります。
また、意欲のある若い社員にも積極的に活躍してもらいたいという考えから、大きな裁量を委ねることもあります。次世代への技能継承を大事にするとともに、若手社員が積極的に活躍できる意欲重視の企業です。

業種 生産用機械器具製造業
所在地 〒939-8032 富山県富山市流杉255(富山市第二機械工業センター内)
代表 代表取締役 清水克洋
従業員数 75名
事業所数 県内1
TOP