立山科学グループ

電子部品・電子機器・自動生産設備・金属部品加工・ITの5事業を中心に展開。当社の技術は多種多様な場面で活躍しています。

立山科学グループは電子部品・電子機器・自動生産設備・金属部品加工・ITの5つの分野で、幅広く事業展開している異業種集団です。国内9社、海外5社、計14社で構成され、各社それぞれが精鋭の技術者集団としてさまざまな業界で高い技術力を発揮しています。当グループの製品はみなさんの目に触れることは少ないですが、例えば、身近なところでは、ガステーブルの温度センサに当グループの製品が使われ、国内トップシェアを誇っています。また、話題となった小惑星探査機「はやぶさ」には、当グループのチップ抵抗器が搭載されています。
2018年に創業60年を迎え、グループ内連携をさらに強化、医療や福祉などの新しい分野にも積極的に挑戦しています。

業種 電子部品・デバイス・電子回路製造業
所在地 〒930-1305 富山県富山市下番30
代表 代表取締役 水口 昭一郎
従業員数 1,291名
事業所数 県内10、県外7
TOP