あのころ、いま、これから。
等身大のリアルな声を収録!

DOCUMENTARY

EPISODE.001 後東 真央 GOTO MIO

日本海ガス絆ホールディングス(株)勤務 入社3年目

富山県小矢部市出身。東京の大学を卒業し、富山へUターン。
就活中は、自称「モヤモヤ文系女子」。自分に何ができるのか、何がしたいのか、わかるようでわからないまま社会人となった。しかし彼女は今、とても輝いている。もちろん完成なんてしていない。発展途上だからと、常に挑戦し続ける姿はなんだかとてもカッコいい。

EPISODE.002 西出 早也香 NISHIDE SAYAKA

正栄産業(株)勤務 入社4年目

石川県出身。石川で学生時代を過ごし、富山の住宅メーカーに就職。
現在は、家づくりの中でも内装やインテリアなどをコーディネートするデザイナーとして活躍している。「仕事が楽しくて仕方がない」と笑う彼女だが、入社直後に言い渡された、ある「厳しい辞令」が、その後の人生を大きく変えた。好きなことをして行きていくための回り道が、案外大事な経験になって、彼女を強くした。

EPISODE.003 内山 遥 UCHIYAMA HARUKA

(株)石金精機勤務 入社6年目

大阪府出身。夫の転勤を機に富山へIターン。機械部品などをつくる自動加工機のプログラミングを行っている“ものづくり女子”の彼女には、もう一つの顔がある。4児の母としての顔だ。「仕事も子育ても楽しめるのは富山だから」とすべてに全力を注ぐ姿は、とても逞しく、きっとだれもが憧れる素敵な女性の生き方だ。

TALK ROOM

富山で暮らし、働く。「魅力と不安を語り合う!」就活女子トーク

県内女子大学生×県内女性社会人による座談会。
就職先は富山or地元?決め手は?学生のうちにやっておくべき事は?
ここでしか聞けない、就活に向けた悩みや疑問を相談してみました。

Our Future

“何かしら”で社会に飛び込む現役大学生の生対談「働く」ってなんだろう?

「起業」×「就職」×「自由」初対面の学生、三者三様の進路と未来

永平章太さん 富山大学経済学部4年生。同期と起業した会社「Labore」で担うゲストハウス運営など2事業を、卒業後も続けていく。
上坂英俊さん 富山大学経済学部4年生。放送研究会に所属しており、演劇も経験。就職はあえてせず、自活しながら映画製作の夢を追う。
樋口琴さん 富山大学芸術文化学部4年生。岐阜県出身。サークル「クリエイ党」に所属し、高岡職人とのコラボ作品を発表。卒業後は行きたい企業への就職を考えている。
就職ではなく、自由に生きる?好きなことを、仕事にする?いっそ起業する?別々の未来を見据える3人の答えはコチラ

それぞれの大学生活。からの就活スタンス

大学では早めに単位を取り終えて、社会人になるための準備に時間を取りました。自分に向いている仕事ってなんだろうと考えたときに、「作った方がいい」ってなって、「起業しよう」となりました。で、インターンとして営業職も経験したりもしましたが、やはり「就職よりも起業だな」って。

私にはその選択肢自体がなかったです…。起業ってできるんですね!

煩雑な手続きさえクリアすれば誰でもできますよ(笑)ただ、生計を立てるための起業なので、たくさんの社会人からリサーチをして、世の中で何が必要で何が必要でないかを徹底的に調べて、成功する方法を突き詰めましたね。先輩経営者と出会うためにFacebookに登録して交流イベントに参加したり…。僕らの世代ってインスタやツイッターじゃないですか。でも、そこをあえて。結果、良くも悪くもいろんな大人がいることも学べました(笑)

出会いは大事ですよね!私は大学やサークルの先輩たちが築いてきた〝工芸の町〟高岡の職人たちとの繋がりから作品のコラボを経験でき、自分の目的を満たせました。「職人の手業がかっこいい」「そばで見て学びたい」が富山に来るきっかけでしたし。で、様々なイベントにも参加する中でいただいた名刺の中から会社を選んで、直接面接を申し込みました。より、「来てよかったな」と。

逆アプローチってすごい!僕はもともと商業高校からの推薦入学で、ゆくゆくは母校で先生になる目標があったんですけど、「放送研究会」で音声や映像の作品を作っていく中で感じた喜びを突き詰めたくなって。なので、番組制作会社で働く先輩との映画製作に本格的に挑戦するため、まずは時間優先でフリーターになります。就職活動は…してるふりをしてます(笑)

してるふりって(笑)就職しないという選択肢…うーん、かっこいいけど、保険とか大丈夫なのか心配です。病気にならないでくださいね・・・。

あ、そこは国民健康保険がありますし、それも含めて自活するためのバイトはします!万が一でも親を頼ったりすると、就職していないことバレちゃうので必死(笑)

共通するのはNOT U-TURN。
親の想いもそれぞれ。

親に内緒のまま…って冒険ですね。僕は4人兄弟で唯一の男子だからか、「筋を通すなら大丈夫」に着地しました。まあ、心配をかけることであるので、安心してもらうためにも、しっかりプレゼンを行いましたが。ある意味、どのプレゼンよりも緊張したかも(笑)

私は母がデザイナーで、「会社に入って好きなことできるなら良いんじゃない?」「場所は関係ないよね」 ってあっさり。もともと、弟は電気系、妹は農林系を目指していて、みんな自由な家庭です(笑)

僕は公務員家庭で育ったんです。もちろん尊敬はしてますが、「きっちり働く」以外の社会人生活を見ていないんです。普通にやっていくことに迷いはなかったんですけど、どこかで「冒険を知らないままの自分って何者なんだろう」って気持ち悪さもあったみたいで。で、兄も公認会計士なので「僕ぐらいはいいでしょ」的なノリで振り切っちゃいました。言い訳ですけど(笑)

働く環境の理想って何?

正直言うと…好きで富山で起業したわけじゃないんですよ(笑)在学中の起業で、人脈もリサーチも富山で重ねてきましたので…自然な流れです。東京で難しくても、富山でオンリーワンになれる蓄積があるので、それは使わないと。消極的な圧がある土壌なので踏み出すまでが大変ですが、一歩抜け出したら色んな人が手を差し伸べてくれるメリットを感じています。「絶対無理だよ」とか、過剰に心配されてるなと感じることも多かったのですが、「確かにそうだな」と甘さを感じて、結果、成長のきっかけにもなりましたし。なので、アクションを起こすには悪くない環境だと思っているんです。より好きになるとしたら…これからの成功次第ですね。

今は好きな場所というより、やりたいことがある環境が優先だと思っています。もちろん、海のある富山は大好きで…ただ、私にとって、大型ショッピングモールぐらいしか楽しみがないのは寂しいかな(笑)

僕は誘惑がない分、節約できて好きかも(笑)

私には「子供を産むまでに自分の工房を」って夢があるので、やりたいことを事業にするってどういうことかを学ぶつもり。人脈、技術、お金…就職には一人では得られないものがたくさんあると信じて頑張ります!

今は未知の体験を求めて、富山にもこだわらず、行けるところには行きたいかな。ただ、富山には世界的な作品に触れられる環境が充実しているので、僕にとって大切な帰る場所です。就職はしないけど、色んな人と競い合って、協力しながら社会を学んでいきたいですね。

TOP